完結漫画ブログ

完結漫画に特化したブログです。マンガ喫茶のお供にお役立てください

時計じかけの姉/いけだたかし(全3巻)

f:id:totaraka:20181027132418j:plain

この漫画のオススメポイント

 コミュ障、ブラコン、ストーカー気質でコンプレックスのかたまりのような天才時計技師の姉と、悲しい事件で亡くなった美しい弟、その姉を心配する同級生という図で描かれるヘンタイストーリー。天才的な頭脳を持つ姉が作ったのは、死に別れた弟に瓜二つのセクサロイド。弟に模したアンドロイドが様々な男に抱かれる様子を覗いては興奮する姉・・・

情緒のある世界観は単なるエロ漫画の枠に収まらないマニアックな作品(といっても、ジャンル的には非エロな青年誌の連載なんだけども)。苦手な人は気持ち悪くて絶対に無理だろうけど、なかなか他にない作品です。大声では言いにくいけど勧めたい・・・そんな作品です。

 

私的感想

今まで、1作者1作品として完結漫画を紹介してきたのですが、今回はじめて、そのルールを逸脱することになりました。このルールで書いてたら、いつかは書くべき作品を選ぶことが難しくなるとは思っていたのですが、その時はもっとメジャーな作品になると思っていたのです。まさか、この『時計じかけの姉』を紹介することになるとは、私もまったく予想していませんでした。

前回、いけだたかし先生の作品を紹介したのは「34歳無職さん」でした。とてもホノボノした温かい作品だっただけに、そのギャップに驚かされました(ぎゃふん)。他にも先生の代表作には「ささめきこと」というものもあるのですが、これは女子高生の純愛モノで、同性の恋愛とはいえ綺麗に描かれていた作品だった。そのいけだたかし先生が、なんでこれ?って・・・はっきり言ってエロです

先に書いたように、設定が多いです。ショタ、ロボット、近親相姦、ぽっちゃり、ホモ、こじらせ、ストーキング、寝とられ・・・よくもまぁ詰め込んだ。中心キャラがこれだけ歪んでいて、これだけの要素を詰め込んで成立してるのが、とにかくすごい。

さらに、無駄にギャグも入ってくる。プレイが激しすぎると頭のとれるロボット。究極超人あーるを彷彿させるような設定が個人的にはツボだったりするけど、とにかくテンコ盛り。

 

(個人的には)エロスは生き物の根源にあるものだと思っていて、それは人それぞれ多様なものだから興味深いと思っているのだけど、時代が時代なら有害図書として扱われるかもしれない。商業誌ではなかなかチャレンジだったと思います。さすが、幻冬舎!(いい意味でw)

↓気になった方は公式サイトで試し読みができますよ↓

時計じかけの姉 - デンシバーズ

若干の…ネタバレ

続きを読む