完結漫画ブログ

完結漫画に特化したブログです。マンガ喫茶のお供にお役立てください

すんドめ/岡田和人(全8巻)

f:id:totaraka:20190820140953j:plain



この漫画のオススメポイント

変態行為を題材とした純愛漫画。

主人公のヒデオは、「絶対完全童貞」を貫く浪漫倶楽部の新部長。そんなヒデオのクラスに一人の美少女クルミがやってくる、というベタな設定。でも、そんな彼女は言う。「キミとはSEXしないよ。他のコ達とはしても、行きずりのヒトとしても、地球上で二人きりになったとしても君とだけは絶対にSEXしない」と言われても、彼女のそばにいることを選んだ。それが彼と彼女のルール(首輪)

と、いうまぁ一風変わった変態な漫画ですが、他にない唯一無二の作品。

ツボに合わない人には「絶対ムリ!気持ち悪い!」てなるかと思います。多分、それが普通の反応。ですが、男の欲望すべてを好きな相手に委ねた気持ちの悪い男の純情を感じ取れる人は、手にとってみてほしいな、と思います。

私的感想

漫画は自由であっていいと思うのです。宇宙空間を超えたって、人が空を飛んだって何をしたっていい。次々とクラスメイトと関係したって、それはそれでいい。そのうち、どこかで見たような漫画が並んでくる。

ですが、このラブコメ。ちょっと異質です。

転校生の美少女クルミの席は自分の隣だった。教科書がまだそろわない彼女に教科書をみせるために机をくっつけたのはいいが、彼女の匂いについ反応しかけてたヒデオの下半身。そこに、クルミの消しゴムがヒデオの股の間に落ちてしまうというハプニング。彼女の手がヒデオの股の間の消しゴムに伸び・・・そして、消しゴムを取り上げる瞬間、触れるか触れないかそんな微妙な感じで掠る裏スジ

エロの描写がマニアックで丁寧なのです。でも、決してスケベにはならない。あくまでフェチ(単なる18禁のアダルト漫画ならいろんな変態も描かれますが、最終的に結合して官能のおもむくまま描かれるわけですが、この漫画は純粋にフェチだけが続きます。)

だらしのない顔をさらしたとしても、そんな自分をみる彼女がとても綺麗だから・・・と、あられもない姿をさらし、あまりに幸せで夢か現実かわからなくなったヒデオに生を実感させてあげると両手で思いっきり口を塞がれ・・・そんな彼女がどこかに連れて行ってくれそうで・・・と

絵柄に若干このみが分かれるかと思います(僕はちょっと慣れなかった)。それでも、このフェチの描き方は他にない作品だと思っています。すんドめに限らず、岡田先生の他の作品は、どれも研ぎ澄まされたフェチがこれでもか!と描かれています。

 

https://www.akitashoten.co.jp/series/2049

↑↑ 秋田書店さんの公式ページで試し読みができます ↑↑

若干の…ネタバレ

続きを読む

キュビズムラブ(全三巻)/松本テマリ(漫画) ・ 芝村裕吏(原作)

f:id:totaraka:20190821102159j:plain

この漫画のオススメポイント

事故のせいで箱になった中学生の少女、典子。
そんな女の子が担当のお医者さんに憧れる…そんなお話。

女の子が主人公なのに女の子が出てこない不思議なお話。 でも、ただの箱が可愛い女の子に見えてしまうから不思議。

少女向けライトノベルであるビーズログ文庫から出版されたライトノベルをコミカライズ化 ちょっと、ほのぼのする不思議な感覚の作品です。

私的感想

前半の・・・箱だけになった女の子の描写(コマには箱しかないわけですが)は、本当に不思議で、ほのぼのする作品でした。 ただ、(残念なことに?)ほのぼのしていたのは前半だけで、後半は秘密の組織が出てきたり戦闘機が飛び交ったりドタバタします。このあたりが賛否両論あるのですが・・・まぁ、何かしら完結させる上では何かしらの動きは必要だったのだとは思います。

事故にあった少女典子は自分が無機質なカタチをした箱になったことに多少の混乱しますが、最終的には箱になった自分を受け入れます。受け入れた・・・のかな、担当の篠田という若い医者と二人だけの世界が彼女のすべてになり、それを大事にして、箱になった自分ができることを健気に一生懸命かんがえています。

そこに研究目的だったりいろいろな理由で人が近づいてきます。次第に、篠田の家のことやら、箱の技術のことで、サスペンス色が濃くなってきます。いろんな思惑が交差していくスピード感にただただ戸惑い・・・ネットの感想を見ていても、後半は否定的なものも少なくなかったように思います。

と、賛否いろいろある作品ですが、ただの箱を少女たらしめる描き方は、もう見事な表現だったと思います。 原作者も作画の方もいろいろ試行錯誤されながら・・・でも、楽しんで書かれていたのが強く伝わってくる作品です。

https://www.kadokawa.co.jp/product/201103000234/

↑↑ KADOKAWAの公式サイトで試し読みができます ↑↑

 

若干の…ネタバレ

続きを読む